フレッド・アトラン「トロフィー」Fred Atlan "Trophy"

2022年7月16日(土) - 7月31日 (日) 12:00 - 18:00 土日のみオープン

July 16 - 31, 2022

Open: 12:00 - 18:00 on Saturdays and Sundays

 

 

南仏トューロン出身、現在パリで活動する写真家フレッド・アトランによります弊ギャラリーでの6回目の新作写真展"Trophy"を開催いたします

フレッド・アトランはパリ第八大学で視覚芸術を中心とした美学・芸術学を修了、職業写真家としてのキャリアを積みながら、現在は、ファインアートの領域で独自の作品を意欲的に制作しています。今回の個展では、紙片、石片、木片などを素材にして、特異な造形物を作り上げ撮影した新作シリーズ "Trophy"から作品を抜粋して展示いたします。身近にある素材から原始の寓意的世界を作り上げ、過去の崇高な世界との接触をテーマにしているシリーズで、撮影された太古の遺物のようなカメオ状物体が、その行き着く先が未定のまま、見る者の想像力を刺激し、架空の神話的世界へと誘います。

 

GALLERY IND. is pleased to present the solo exhibition of the French photographer Frédéric Atlan, his sixth solo show in Japan. After graduating from the University of Paris 8, he embarked on a career as a professional photographer, and currently he works as a fine art photographer based in Paris. This exhibition will be showing his new photography series "Trophy", in which he reaches toward unknown worlds by intervening in and recreating breathtaking landscapes.This series of works expands on the theme of contact with the sublime world of the past by creating primitive allegorical landscapes from familiar materials, such as bread, wrapping paper, bricks, and so on. What looks like a photographed stone relic remains pending, waiting for us to turn our gaze to the mythical world of the past.

 

 Fred Atlan

フレデリック・アトラン

1966年 トューロン(フランス) 生まれ

現在、パリ在住

1966 Born in Toulon, France

Lives and works in Paris

 

 

- Solo Exhibitions at GALLERY IND.

 

2020 - "Pending Stones"

2019 - "Shelter the space"

2018 - "Distraught things"

2016 - from the series "S’abîmer (Damage)"

2015 - from the series "Nulle part (Nowhere)"


オリヴィエ・カテ 個展「おすすめの庭園」Olivier Catté "Jardins à visiter"

 

2022年6月4日(土) - 6月19日 (日) 12:00 - 18:00 土日のみオープン

June 4 - 19, 2022

Open: 12:00 - 18:00 on Saturdays and Sundays

 

 GALLERY IND.では、1980年代初頭より活動を始め、現在もルーアンを拠点に作品制作・発表を続けるフランス人アーティスト、オリヴィエ・カテ Olivier  Catté によります、弊ギャラリーでの二回目の個展を開催いたします。

オリヴィエ・カテの作品制作は、1980年代に訪問したニューヨークでの体験が契機となっていますが、そこで彼は頻繁にスケッチを行い、アイデアをメモし、多くの写真を撮影します。建築、ノイズ、スピードなど都市の持つダイナミズムに魅了され、その空間に流れるエネルギーやコミュニケーションのネットワークのようなものと自身のインスピレーションを作品の中に取り込むようになります。また、光の加減や鑑賞者の心境によっても捉え方の変化する、許容度の高い作品制作を企図するようになります。それは、人の感覚を通じて入って来るものは、受け手側が空虚の状態でいるときにだけ定着するという古来の東洋的な考え方にも似ていて、そういったスタンスが作品にも反映しているように思えます。

今回展示します作品は、それぞれが独立したものでありながら、互いに深く共鳴し合う長方形の絵画十八点からなるシリーズ「おすすめの庭園」Jardins à visiter (Gardens to visit)からの新作となります。お時間ご興味ございましたら、ご高覧のほどよろしくお願いいたします。

 

GALLERY IND. is pleased to present in Japan the second solo exhibition of Olivier Catté, a French artist based in Rouen.

Olivier Catté's work is inspired by his experiences in New York, which he first visited in the 1980s. There he sketched, wrote down his ideas and took many photographs. Fascinated by the dynamism of the city - the architecture, the noise, the speed - and the energy and communication networks that flow through the space, he began to incorporate his own inspirations into his work, and to plan a highly permissive approach to his work, which could change depending on the light and the state of mind of the viewer.

The artist's interest in the quantum theory underlying modern physics, and in the ancient Eastern notion that what comes in through the ear and the eye can only take root when the recipient is in a state of emptiness, seems to be reflected in his work.

This solo exhibition will feature new works from "Jardins à visiter (Gardens to visit)", a series of 18 rectangular paintings that are independent of each other, yet deeply resonate with one another.

 

 

 

Artist Statement

 

「おすすめの庭園」Jardins à visiter (Gardens to visit)

 

少しずつ、幾何学的なものを取り除いた私の絵画が具現化されていきます。無重力の世界を表し、確立された現実を演出しない私の絵画。 そこに至るには、まず、大きな竹紙をフレームに張り、基本的なグリッドを描く。 意識を集中させて、具体的でもなく、比喩的でもない、あてもなく浮かび上がる絵画空間を演出するために、十八個の同じ大きさの長方形を描き出し、そこから、見た目にわかりやすい決まりある描き方が始まります。 

流動的で、色はあるけれど輪郭のない、浮遊感がある水性の領域で、切れ味の良い走り書きを巻き上げたり、ぎくしゃくさせたり、それを繰り返す。 その表現は、あらかじめ考えながら描く時もあれば、偶発的に生まれることも ある。全てを抽象的な面で捉え、色や形を目に見える世界とは無関係に描く。 

 

ある詩人はこう言う。

 Et je me crée d’un trait de plume 一筆で自分を創り出し 

 

Maître du Monde         世界を思うままに 

 

Homme illimité.           無限のことができる

 

 ( ピエール・アルベール=ビロ “Les amusements naturels”より引用 )

 

筆や鉛筆のような違った質感やリズムが、次第にダイナミックで色彩豊かな世

界、自律的で果てしない広がりを見せてくれるのです。

落ちたり、跳ねたり、流れ落ちたり、あるいは、虫や雨風の小さなささやきで

満たされた空間。

これらの音はすべて振動を生み,その振動は、空っぽと充満の掛け合いによっ

て形を作り,絵画的表現だけでは見ることのできない光景を生み出す。

私の想像以上の驚きと感動を与えてくれる光景です。

このように「おすすめの庭園」では、皆さんが瞑想したり旅をするための十八

の空間、また、自分自身を変容させたり再発見するための空間をご紹介します。

 

Olivier Catté オリヴィエ カテ  2022 

 

Olivier Catté  オリヴィエ・カテ

1957年 プティ・ケヴィリ / フランス 生まれ

現在、ルーアン / フランス 在住

Born in 1957 in Petit Quevilly, France

Lives and works in Rouen, France

1977 - 1978 : Ecole des Beaux-arts de Pau.

1979 - 1981 : Institut d’Arts Visuels d’Orléans.

1981 : Diplôme National Supérieur d’Expression Plastique, département Art.

 

recent solo exhibitions

2021 : Gallery IND., Nara, Japan

2020 : Galerie Lazarew, Paris

           Whoa Art Gallery, Paris

2019 : Galerie Lazarew, Paris

2017 : Galerie Lazarew, Paris

2016 : Galerie Lazarew, Paris

           Galerie Lazarew. Bruxelles

2015 : Galerie Lazarew, Paris

           Galerie Lazarew, Bruxelles

 

- recent collective exhibitions

2020 : Galerie Lazarew, Paris

           Galerie 3W, Reims

2019 : Galerie Lazarew, Paris

           Galerie 3W, Reims

2018 : Galerie Lazarew, Paris

           Galerie 3W, Reims

           Galerie Galvani, Toulouse

           Galerie One Moment, Paris

2017 : Art 100 Gallery, New York City, U.S.A.

           Galerie t, Düsseldorf

           Centre d'Art International de Tucheng, China

           Galerie Lazarew, Paris 

2016 : Galerie t, Düsseldorf

           Zunyi International Art Center, China

           Köln art Fair, Cologne

           Art 100 Gallery, New York City, U.S.A.

2015 : Galerie Lazaret, Paris

 

           


レネ・ヒューマー写真展  "ロックンロール・イン・モノクローム"          "Rock 'n' Roll in Monochrome" - Photographs by René Huemer

 2022年4月2日(土) - 4月17日 (日) 12:00 - 18:00 土日のみオープン

2nd (sat.) April - 17th (sun.) April, 2022

Open: 12:00 - 18:00 on Saturdays and Sundays

 

 

GALLERY IND.では、オーストリア出身のレネ・ヒューマーによります写真展「ロックンロール・イン・モノクローム」”Rock 'n' Roll in Monochrome"を開催いたします。

レネ・ヒューマーは、現在オーストリアとアメリカを拠点に活動、音楽に深く傾倒し、ミュージシャンとの親交を通じ、これまでに数多くの仕事をこなしています。すでに他界している大物ミュージシャンから、新進気鋭の若手ミュージシャンまで、その演奏中の姿やバックステージでの表情を的確に捉えた写真を数多く残してきました。 また、ファインアートの領域での表現活動として、コロジオン法という19世紀半ばに始まり、今では継承する人の少ない撮影技法を用い、独特なテイストを持つモノクロ写真も制作しています(2021年9月弊ギャラリーでシェリー・ハンソンとの合作コロジオン写真展「誰も見ていない時」"When No One Is Watching"を開催)。

今回の展覧会では、数多くのミュージシャンを撮影したものの中から、そのステージ上での姿を捉えたモノクロ写真を厳選して展示いたします。レネ・ヒューマーによりますミュージックシリーズの一部をご覧いただける極めて稀な機会になりますので、ご興味ありましたらぜひご高覧ください。

 

GALLERY IND. is pleased to present "Rock 'n' Roll in Monochrome," an exhibition of photographs by Austrian photographer  René Huemer.

René, currently based in Austria and the U.S., is deeply devoted to music and has done a lot of work through his friendship with musicians. He has left behind many photographs, both big names who have already passed away and up-and-coming young musicians, accurately capturing them in performance and in their backstage expressions. Meanwhile, in the field of fine art, he also produces black-and-white photographs with a unique taste, using the collodion method, a photographic technique that originated in the mid-19th century but is scarcely inherited today (in September 2021, he and Chérie Hansson held a collodion photography exhibition "When No One Is Watching" at our gallery).

In this exhibition, we present a selection of black-and-white photographs of musicians on stage. This is a rare opportunity to view a portion of René Huemer's music series, and we hope you will take the time to visit the exhibition.

 

 

  RENÉ HUEMER(レネ・ヒューマー)

 人と音楽と旅をこよなく愛するオーストリア人写真家レネ・ヒューマー 。現在は、アメリカとオーストリアを拠点に活動しています。デイヴ・マシューズ・バンド(DAVE MATTHEWS BAND)とフィッシュ(PHISH)の公式ツアーフォトグラファーとして同行し、バックステージでの打ち解けた時間から、ステージ上でのエネルギー溢れるハイライトの瞬間まで、ショーの二面性を捉えることで、バンドのパフォーマンスに独自の視点を与えています。

レネの写真へのこだわりは、ライブコンサートの様々な画像や、音楽界の大物たちの心の奥が見て取れるような一連の肖像写真を生み出してきました。ローリングストーンズ、メタリカ、レナード・コーエン、アマンダ・パーマー、スキン、レミー、ZZトップほか多くのミュージシャンの撮影を行なっています。彼の作品は、ROLLING STONE、RELIX、ESQUIRE、THE RED BULLETIN、JAZZEDなどの紙媒体や様々なデジタルメディアに掲載され、これまでに、ロサンゼルス、ニューヨーク、フィラデルフィア、リスボン、フィレンツェの厳選されたギャラリーでも展示されています。

 

RENÉ HUEMER

WWW.RENEHUEMER.COM

 An Austrian photographer with a passion for people, music, and travel, and currently lives and works in the US and Austria. He accompanies both DAVE MATTHEWS BAND and PHISH as their official tour photographer, and provides a unique perspective to the bands‘ performances by capturing the duality of the show - from intimate moments backstage to energetic highlights on stage.

René‘s dedication to photography has led to a portfolio brimming with live concert images and intimate portraits of some of the largest names in music: THE ROLLING STONES, METALLICA, LEONARD COHEN, AMANDA PALMER, SKIN, LEMMY and ZZ TOP, to name a few. His work has appeared in both print and digital publications such as ROLLING STONE, RELIX, ESQUIRE, THE RED BULLETIN, and JAZZED, and has been exhibited in selected galleries in Los Angeles, New York, Philadelphia, Lisbon and Florence.