レネ・ヒューマー写真展  "ロックンロール・イン・モノクローム"          "Rock 'n' Roll in Monochrome" - Photographs by René Huemer

 2022年4月2日(土) - 4月17日 (日) 12:00 - 18:00 土日のみオープン

2nd (sat.) April - 17th (sun.) April, 2022

Open: 12:00 - 18:00 on Saturdays and Sundays

 

 

GALLERY IND.では、オーストリア出身のレネ・ヒューマーによります写真展「ロックンロール・イン・モノクローム」”Rock 'n' Roll in Monochrome"を開催いたします。

レネ・ヒューマーは、現在オーストリアとアメリカを拠点に活動、音楽に深く傾倒し、ミュージシャンとの親交を通じ、これまでに数多くの仕事をこなしています。すでに他界している大物ミュージシャンから、新進気鋭の若手ミュージシャンまで、その演奏中の姿やバックステージでの表情を的確に捉えた写真を数多く残してきました。 また、ファインアートの領域での表現活動として、コロジオン法という19世紀半ばに始まり、今では継承する人の少ない撮影技法を用い、独特なテイストを持つモノクロ写真も制作しています(2021年9月弊ギャラリーでシェリー・ハンソンとの合作コロジオン写真展「誰も見ていない時」"When No One Is Watching"を開催)。

今回の展覧会では、数多くのミュージシャンを撮影したものの中から、そのステージ上での姿を捉えたモノクロ写真を厳選して展示いたします。レネ・ヒューマーによりますミュージックシリーズの一部をご覧いただける極めて稀な機会になりますので、ご興味ありましたらぜひご高覧ください。

 

GALLERY IND. is pleased to present "Rock 'n' Roll in Monochrome," an exhibition of photographs by Austrian photographer  René Huemer.

René, currently based in Austria and the U.S., is deeply devoted to music and has done a lot of work through his friendship with musicians. He has left behind many photographs, both big names who have already passed away and up-and-coming young musicians, accurately capturing them in performance and in their backstage expressions. Meanwhile, in the field of fine art, he also produces black-and-white photographs with a unique taste, using the collodion method, a photographic technique that originated in the mid-19th century but is scarcely inherited today (in September 2021, he and Chérie Hansson held a collodion photography exhibition "When No One Is Watching" at our gallery).

In this exhibition, we present a selection of black-and-white photographs of musicians on stage. This is a rare opportunity to view a portion of René Huemer's music series, and we hope you will take the time to visit the exhibition.

 

 

  RENÉ HUEMER(レネ・ヒューマー)

 人と音楽と旅をこよなく愛するオーストリア人写真家レネ・ヒューマー 。現在は、アメリカとオーストリアを拠点に活動しています。デイヴ・マシューズ・バンド(DAVE MATTHEWS BAND)とフィッシュ(PHISH)の公式ツアーフォトグラファーとして同行し、バックステージでの打ち解けた時間から、ステージ上でのエネルギー溢れるハイライトの瞬間まで、ショーの二面性を捉えることで、バンドのパフォーマンスに独自の視点を与えています。

レネの写真へのこだわりは、ライブコンサートの様々な画像や、音楽界の大物たちの心の奥が見て取れるような一連の肖像写真を生み出してきました。ローリングストーンズ、メタリカ、レナード・コーエン、アマンダ・パーマー、スキン、レミー、ZZトップほか多くのミュージシャンの撮影を行なっています。彼の作品は、ROLLING STONE、RELIX、ESQUIRE、THE RED BULLETIN、JAZZEDなどの紙媒体や様々なデジタルメディアに掲載され、これまでに、ロサンゼルス、ニューヨーク、フィラデルフィア、リスボン、フィレンツェの厳選されたギャラリーでも展示されています。

 

RENÉ HUEMER

WWW.RENEHUEMER.COM

 An Austrian photographer with a passion for people, music, and travel, and currently lives and works in the US and Austria. He accompanies both DAVE MATTHEWS BAND and PHISH as their official tour photographer, and provides a unique perspective to the bands‘ performances by capturing the duality of the show - from intimate moments backstage to energetic highlights on stage.

René‘s dedication to photography has led to a portfolio brimming with live concert images and intimate portraits of some of the largest names in music: THE ROLLING STONES, METALLICA, LEONARD COHEN, AMANDA PALMER, SKIN, LEMMY and ZZ TOP, to name a few. His work has appeared in both print and digital publications such as ROLLING STONE, RELIX, ESQUIRE, THE RED BULLETIN, and JAZZED, and has been exhibited in selected galleries in Los Angeles, New York, Philadelphia, Lisbon and Florence.