フレッド・アトラン個展「トロフィー」Fred Atlan "Trophy"

2022年7月16日(土) - 7月31日 (日) 12:00 - 18:00 土日のみオープン

July 16 - 31, 2022

Open: 12:00 - 18:00 on Saturdays and Sundays

 

 

南仏トューロン出身、現在パリで活動する写真家フレッド・アトランによります弊ギャラリーでの6回目の新作写真展"Trophy"を開催いたします

フレッド・アトランはパリ第八大学で視覚芸術を中心とした美学・芸術学を修了、職業写真家としてのキャリアを積みながら、現在は、ファインアートの領域で独自の作品を意欲的に制作しています。今回の個展では、紙片、石片、木片などを素材にして、特異な造形物を作り上げ撮影した新作シリーズ "Trophy"から作品を抜粋して展示いたします。身近にある素材から原始の寓意的世界へを作り上げ、過去の崇高な世界との接触をテーマにしているシリーズで、撮影された太古の遺物のようなカメオ状物体が、その行き着く先が未定のまま、見る者の想像力を刺激し、架空の神話的世界へと誘います。

 

GALLERY IND. is pleased to present the solo exhibition of the French photographer Frédéric Atlan, his sixth solo show in Japan. After graduating from the University of Paris 8, he embarked on a career as a professional photographer, and currently he works as a fine art photographer based in Paris. This exhibition will be showing his new photography series "Trophy", in which he reaches toward unknown worlds by intervening in and recreating breathtaking landscapes.This series of works expands on the theme of contact with the sublime world of the past by creating primitive allegorical landscapes from familiar materials, such as bread, wrapping paper, bricks, and so on. What looks like a photographed stone relic remains pending, waiting for us to turn our gaze to the mythical world of the past.

 

 Fred Atlan

フレデリック・アトラン

1966年 トューロン(フランス) 生まれ

現在、パリ在住

1966 Born in Toulon, France

Lives and works in Paris

- Solo Exhibitions at GALLERY IND.

2020 - "Pending Stones"

2019 - "Shelter the space"

2018 - "Distraught things"

2016 - from the series "S’abîmer (Damage)"

2015 - from the series "Nulle part (Nowhere)"