堂東由佳 個展「雑貨的な  ...」 Yuka Doutou "things like sundries"

 2020年9月5日(土) − 9月20日(日)

Open: 土日 12:00 - 18:00   

05 (sat.) - 20 (sun.) September, 2020

Open: 12:00 - 18:00 Saturdays and Sundays

 

 

 GALLERY IND.では、堂東由佳によります弊ギャラリーでの 八回目の個展「雑貨的な...」を開催いたします。これまで主に取り組んできた作品は、イラスト風の手描きドローイングをPC上でブロックごとに分割、集積などを加えた原版を作成、シルクスクリーンによってプリントアウトされたものです。遠目に引いて見ればオールオーバーに広がる細密模様のようにも見え、近くに寄って見れば、原画のキャラクターが持つある種の軽妙さや愛らしさ、また時には不気味さといったものが感じらます。元のモチーフが何なのか判別できないくらいに重ね合わされ、塗りつぶされ、歪められて、画面上の特定の箇所に視点が定まらないような不思議な感覚にも襲われます。本展では、それらシルクスクリーン作品に加え、近年新たに取り組んでいます銅版画作品も合わせて展示いたします。版画の新たな可能性を探る堂東由佳の新作版画作品をぜひご高覧ください。

 GALLERY IND. is pleased to announce the solo exhibition by silkscreenprint artist, Yuka Doutou (b.1983). In Doutou's works, most of the motifs are highly characterized, and some of them are so tightly packed that we can hardly distinguish clearly what is depicted on the surface while seeing them in a distance. On the other hand, when we examine them up close, unexpected images such as cats, butterflies, or riceballs appear before us. Also, the multiple combinations of them give us a feeling of humor, funniness, loveliness, or sometimes even a little eeriness. According to the circumstances we feel them, they seem to take on a quite different look. In this exhibition we also present some of her newly created copperplate prints. We hope you would enjoy them, searching for the best position to see them.   

 ARTIST STATEMENT

可愛らしくもあり、不気味でもあるキャラクターのようなドローイングを、再構成、配置し、パターンを反復、密集させる事によって画面を作っています。

制作の過程では、離れて見たときと近くで見たとき一枚で二度楽しんで貰えたら有り難いという気持ちと、折角近くで見たとしてもイメージが細かすぎたり、複雑で判別できないという半分意地悪したいような気持ちが同時に有り、そのような悪戯な気持ちと共に制作しています。

自分の頭の中にある「呑気な時間、嫌な予感」というキーワードに不穏さや、殺伐としたようなものを感じ今はそれを心地よく感じています。

シルクスクリーンはドローイングを再構成、配置し、パターンを反復、密集させた後、アウトプットするのに使っています。

シルクスクリーンの工程は自分にとって半分遊んでいるような要素もあると感じ、その気持ちと自作のテーマとがマッチしているので、この技法をを使って制作しています。

近作では、ドローイングをさらに塗り潰したり、パターンを規則的に反復させずに画面を作ることを試しています。

 By means of silkscreen printing, I usually create artworks out of my drawings. First, I draw some characters which may look somewhat lovable but awkward. Then, I arrange them wth a PC, putting them together or setting them apart from one another again and again.

While I’m at work, I always think of the right distance for the viewers to see my works. But sometimes I deliberately make the images not clearly visible or undistinguishable, with the details too small or complicated. This is partly because I’d like the viewers to see them both at close range and from a distance, and also partly because I like to play a visual trick on them. 

Motifs of my works are expressed in a laid-back mode but with rather an uneasy feeling. To express one of the main themes in my creation − carefree days, with a bad feeling, for example, I frequently employ the images of cats suffering as a result of bleeding, diarrhea, vomit or fever, trying to create both a swallowing air and an eerie atmosphere at the same time. I like the process of silkscreen printmaking, through which I think I can produce a lot of works without difficulty and express such a  feeling most effectively. 

 

 

 作家略歴

1983年 兵庫県生まれ

2009年 京都市立芸術大学美術学部美術学科卒業

2011年 京都市立芸術大学大学院修士課程絵画専攻版画修了

 

- 個展 -

2019年 'selection' GALLERY IND./奈良

               '七月あたりの堂東さん' ギャラリー恵風/京都 

2018年 'item' GALLERY IND./奈良

2017年 '隠れ気味' GALLERY IND./奈良

2015年 'good' GALLERY IND./奈良

2014年 'point' GALLERY IND./奈良

2012年 'こ豆やにて' こ豆や/京都

               '予備に' GALLERY IND./大阪

    'virus' INAX GALLERY 2/東京

2011年 '呑気な時間、嫌な予感' GALLERY IND./大阪 

 

- グループ展 -

2018年 西風のグラフィックス / ギャラリーマロニエ、京都 / ORIEアートギャラリー、東京(2019年開催) 

2016年 vs or ≒ 堂東由佳/前田愛美/宮田雪乃 /galleria grafica bis、東京

2015年   7月あたりの堂東さんと桐月さんと宮田さん / ギャラリー恵風、京都(2011年〜2018年開催)

2012年   版の時間 – age of prints –  / 女子美アートミュージアム、東京

               用途未定の紙-堂東由佳×kumauhei works-/cafe密柑、京都

2011年   アートアワードトーキョー丸の内/行幸地下ギャラリー東京

               修了制作展/京都市立芸術大学学内展、京都

2010年   佐藤財団第19期奨学生展/佐藤美術館、東京

               スクエアコレクタブル/フリュウギャラリー、東京

               つながるイメージ展/ギャラリーアーティスロング、京都

               西風のグラフィックス/ORIEアートギャラリー、東京/ギャラリー旬、名古屋/番画廊、大阪

2009年   柏美展/上野記念美術館研修室、兵庫

               日本・カナダ版画交換展/京都芸大大学会館円型ホール、京都

2008年    Art Camp第一期/ギャラリーヤマグチクンストバウ、大阪

               版画6人展“Porto di stampa”/アートゾーン神楽岡、京都(2009、2010参加)

               版画4回生展/学内大ギャラリー

               第33回全国大学版画展/町田市立国際版画美術館、東京(~第35回出品)

2007年   京都市立芸術大学版画3回生展“HANGER×HUNGER”/学内小ギャラリー

 

 - 受賞歴 -

2018年 東京国際ミニプリント・トリエンナーレ 審査員賞

2017年 第6回NBCメッシュテック シルクスクリーン国際版画ビエンナーレ 国際展賞

2015年 アワガミ国際ミニプリント展 優秀賞

    ALBION AWARD 2015 銀賞

2011年 京都市立芸術大学印終了制作展 大学院市長賞  

2010年 第19期財団法人佐藤国際文化育英財団奨学生

2008年 第33回大学版画展 収蔵賞

 

- パブリックコレクション -

京都銀行

京都市立芸術大学資料館

多摩美術大学美術館

町田市国際版画美術館

 

- 記事掲載 - 

版画芸術 No.174(2016年冬号) - 特集シルクスクリーン25人: 新時代を切り開く精鋭たち

 

- 作家ウェブサイト -

www.doutouyuka.com

 

 PROFILE

1983 Born in Hyogo, Japan

2009 BFA in Kyoto City University of Arts, Japan

2011 MFA in Printmaking in Fine Art Division at Kyoto City University of Arts, Japan 

- Solo Exhibitions

2019 'selection' GALLERY IND./Nara

         solo exhibition Gallery Keifu/Kyoto

2018 'item' GALLERY IND./Nara

2017 'kakuregimi' GALLERY IND./Nara

2015 'good' GALLERY IND./Nara

2014 'point' GALLERY IND./Nara

2012 'at Komameya' Komameya/Kyoto

         'as a backup' GALLERY IND./Osaka

         'virus' INAX GALLERY 2/Tokyo

2011 'carefree days...,with a bad feeling' GALLERY IND./Osaka

- Awards

2018 The Jury Award of The 6th Tokyo International Mini Print Triennial 

2017 The Prize of International Exhibition (The 6th NBC Meshtec Tokyo International Screen Print Biennale)

2015 The Excellent Prize of Awagami International Miniature Print Exhibition 2015

         The Silver Prize of ALBION AWARD 2015 

2011 The Prize for Excellent Graduates by Mayor of Kyoto City

2010 The 19th Scholarship Award by the Sato Museum of Art

2008 The 33rd Collection Prize by Kyoto City University of Arts

- Public Collections

Bank of Kyoto

Kyoto City University of Arts

Tama Art University Museum

Machida City Museum of Graphic Arts

- Publications

HANGA GEIJUTSU No.174 - Screen Prints of 25 Individuals: Elite Pioneers of a New Era