ベルタ・セセ 個展  Berta Sesé Exhibition "Sulpha Terra"

2019年4月6日(土) − 4月28日(日)

Open: 土日:12:00 - 18:00   

 6 sat. - 28 sun. April, 2019 

Open: Saturdays & Sundays (12:00 - 18:00) 

 

 

GALLERY IND.では、カタルーニャ出身、現在パリ在住のアーティスト、ベルタ・セセによります弊ギャラリーでの4回目の個展”Sulpha Terra”を開催いたします。

ベルタ・セセは2002年にバルセロナの服飾学校を卒業後パリへと渡り、2013年まではファッションデザイナー、スタイリストとして活躍していました。その間も絵画、写真等のビジュアルアートへの関心は強く、2014年からは自身のアトリエで作品制作に専念、現在は主に絵画と写真作品を制作しています。彼女はその双方を相互補完的な表現媒体として捉えているようです。2016年に弊ギャラリーで開催しました初個展では、金属の酸化面などを宇宙を浮遊する物体のように捉えた写真"Macrocosmos"を、2018年の個展では、物の表面や剥離面を拡大写真として捉えた、泡沫夢幻を想起させるようなモノクローム写真"Mirages"を展示いたしました。今回展示しますカラー写真は、"Natures parallèles"というシリーズからのもので、これまでの作品と同様Macrophotographyというプロジェクトからのカラー写真です。

 タイトルの”Sulpha Terra" (英語ではsulfur earth)とは、硫気孔を意味するラテン語で、硫黄を多く含むガスを噴出する火山の噴気孔のことです。

 

  GALLERY IND. is pleased to present the solo exhibition of the catalan artist Berta Sesé. Born in Barcelona (Spain) and based in Paris (France) since 2002, where she did work as a fashion designer for twelve years.  She decides to devote herself exclusively to Art since 2014. The artist’s work alternates between painting and photography, two complementary media of expression without borders to her eyes.

 Her photographic work is based on the close up perception and observation of our daily life, by interpreting the details it conceals. Using the macro technique, the artist livens up the discoveries of her visions in dreamlike worlds and landscapes, fruit of the observable eye’s limits.

 Berta Sesé’s work  is inspired by the research of the infinitely small to the infinitely big, as in quantum mathematics and fractales. She leads us to appreciate  the bond between detail and whole. 

 

 Artist Statement

 Virtual or reality? Where are our perceptual limits? In this society bombarded by images of touched-up, modified and even totally pixelated images, is the eye not a victim of virtual reality and synthetic composition?

 Without editing or retouching, Berta Sesé's artistic approach is contrary to this. Her photographs are bound by the principles of the infinitely big and the infinitely small.

She looks at the world within an intimate approach based on scientific fractal and the use of macro images that move on the emotions.

 The series <<Parallel Natures>> is a research of dreamed landscapes that shows the dichotomy of the erosions of our human environment, the repetition of natures’ possession which remains at the limit of the perceptible. It leads us to appreciate this correlation between detail and the whole.

 According to the wabi sari principle, which consists in seeing in the imperfect, the modest, a form of moving beauty, the subject thus becomes another.

 The artist’s work, in its entirety, is an invitation to rediscover our surroundings based on the freedom to appreciate the magic of the universe.

 

虚像か実像か?人が知覚できる限界は?現代社会に飛び交うのは、修正され、補正された、また時にはモザイク状になるまでピクセル化された様々なイメージであり、私たちの眼は仮想現実と合成加工によって構築された世界の犠牲になってはいないだろうか?

制作における私の手法は、編集や修正といった行為とは反対のものです。私の写真は無限大と無限小の法則によって規定されています。幾何学的なフラクタル(規模の尺度を変えても同じ形が現れる自己相似の構造)とそれに触れた時に起こる感情に反応して動き出すマクロなイメージを使用するという基準に則り、その緻密なアプローチの中で、私はこの世界を見ています。

「パラレル・ネイチャーズ」という一連の写真作品は、私たちの身の回りにある浸食された様々なものの形と自然界の中に知覚可能な状態で残っている反復する形の両分を提示する風景を探るシリーズです。

不完全なものや慎ましいものの中に、移り行く美の一形態を捉えるという侘び寂びの哲学に従うと、被写体はそれ自体とは別の何物かへと変貌していきます。

全体として見ると、その作品は、私たちを取り囲んでいるものを改めて発見し直す行為への誘いであり、それはこの宇宙の魔力を認識、鑑賞しようとする自由意思に基づいたものです。

 

 

 PROFILE

Berta Sesé Pinteño, born in Barcelona, Spain, 1980

Lives and works in Paris (France) since 2002    

After her 12 years' career in fashion in Paris, she dedicates exclusively to art since 2014.                                                                                      

2013 – 2016  ABA (Ateliers Beaux Arts Paris) atelier Alberto Cont, Paris (France)

1998 – 2002  ICM (Institut Català de la Mode, Barcelona, Spain) Graduate in Fashion design and pattern.

 

Solo Exhibitions

2018

– Catalan Studies Center – Sorbonne University. Paris (France)

– Gallery IND. Ikoma, Nara (Japan) 

2017

– Holistic Arts Center. Paris (France) 

– L’ Antenne. Paris (France) 

−  Palais des Papes, Avignon (France)

− "Ether's Chimies" (GALLERY IND.) Ikoma, Nara (Japan)

2016

− "Macro Cosmos" (GALLERY IND.) Ikoma, Nara (Japan)

Group Exhibitions

2018

– Gallery Dièse 22. Paris (France)

2017

– Noo Kitty / Gallery IND. Osaka (Japan) 

2014

– MPAA Broussais (Maison des Pratiques Artistiques Amateurs) Paris (France)

– Galerie Le Phylactère, Boulogne Billancourt (France)

 

website: 

www.bsese-art.com

 

 

 

 

 

 

 

 

後援: インスティトゥ−ト・ラモンリュイ

Institut Ramon Llull


フレッド・アトラン 個展  Fred Atlan Exhibition "Shelter the Space"

2019年5月18日(土) − 6月9日(日)

Open: 土日:12:00 - 18:00   

 18 sat. May - 9 sun. June, 2019 

Open: Saturdays & Sundays (12:00 - 18:00) 

 

南仏トューロン出身、現在パリで活動する写真家フレッド・アトランによります、弊ギャラリーでの4回目の新作写真展を開催いたします。

フレッド・アトランはパリ第八大学で視覚芸術を中心とした美学・芸術学を修了、その後は主にプレス、ファッション、広告写真等を撮影する職業写真家として活動、近年はそれらと並行してファインアートの領域で独自の作品を意欲的に制作しています。今回の個展では、鉱物や植物などを素材にし、それらを組み合わた造形物やその物理的運動を撮影した新作シリーズ "Shelter the Spaceからの作品を展示いたします。一昨年の展示作品同様、身近にあるものから新たな寓意的風景を作り上げ、未知なる崇高の世界への接触をテーマに展開しているシリーズです。撮影される対象物の振動や運動とともに、それらを認識する際の撮影者の心の動きをも映し出しているかのような作品群です。

 

GALLERY IND. is pleased to present the solo exhibition of the French photographer Frédéric Atlan, his fourth solo show in Japan. After graduating from the University of Paris 8, he embarked on a career as a professional photographer, and now he works also as a fine art photographer based in Paris. This exhibition will be showing his new photography series "Shelter the Space", a new series in which he reaches toward unknown worlds by intervening in and recreating breathtaking landscapes, reassembling their geographic features and physical movements.

 

 

Artist Statement

 These are different kinds of shelters, ephemeral, constructed of materials mixing the mineral and the plant.
Within a single image, several images are superimposed creating a vibratory effect, a feeling of movement.
The movement leads to deconstruction because the shelter, the cabin are fragile and victim of the forces of nature. 

Shelter is both protection and vulnerability. Shelter is both inside and out.
I am like the child who plays who builds and deconstructs.

 

今回のシリーズでは、鉱物や植物などの素材を組み合わせて作り上げた、つかの間のシェルター(避難所)を撮影しています。一つの画像の中では、いくつかのイメージが重ねられ、振動を伝える効果や運動する感覚を生み出しています。その中にあるシェルターやキャビンは、脆く、自然の物理的作用を受けるため、脱構築への道を辿って行きます。シェルターは、保護してくれるものであるのと同時に、壊れやすいものにもなっています。また、それは、内側にもあり、同時に外側にもあります。私は、子供のようになって、組み立てては取り壊して遊んでいるのです。

 

 

Frédéric Atlan

1966  Born in Toulon, France

          Lives and works in Paris, France