オリヴィエ・カテ 個展  Olivier Catté Exhibition "Contemplations"

2021年5月15日 - 5月30日

土日12:00 - 18:00

15 (sat.) - 30 (sun.) May, 2021

Open: 12:00 - 18:00 on Saturdays and Sundays

 

 

GALLERY IND.では、ルーアンを拠点に活動するフランス人作家、オリヴィエ・カテ (Olivier  Catté) の日本での初個展を開催いたします。

オリヴィエ・カテの作品制作は、作家が80年代に訪問したニューヨークでの体験が契機となっています。彼はそこでスケッチを行い、アイデアをメモし、多くの写真を撮影します。建築、ノイズ、スピードなど都市の持つダイナミズムに魅了され、その空間に流れるエネルギーやコミュニケーションのネットワークのようなものと自身のインスピレーションを作品に取り込み、また、光の加減や鑑賞者の心境によっても捉え方の変化する許容度の高い作品制作を企図するようになります。作家の関心は、現代物理学の基底にある量子論が示す考え方、また、耳目を通じて入って来るものは、受け取る側が空虚の状態でいるときにだけ定着するという古来の東洋的な考え方に向いており、それらを作品制作にも反映させているように思えます。

今回の個展"Contemplations"では、オリヴィエ・カテが思索、探求する現代の都市風景とも言えるペインティング作品を展示する予定です。ご高覧の程どうぞよろしくお願いいたします。

 

GALLERY IND. is pleased to present the first solo exhibition in Japan of Olivier Catté, a French artist based in Rouen.

Olivier Catté's work is inspired by his experiences in New York, which he first visited in the 1980s. There he sketched, wrote down his ideas and took many photographs. Fascinated by the dynamism of the city - the architecture, the noise, the speed - and the energy and communication networks that flow through the space, he began to incorporate his own inspirations into his work, and to plan a highly permissive approach to his work, which could change depending on the light and the state of mind of the viewer.

The artist's interest in the quantum theory underlying modern physics, and in the ancient Eastern notion that what comes in through the ear and the eye can only take root when the recipient is in a state of emptiness, seems to be reflected in his work.

For his solo exhibition "Contemplations", Olivier Cate will present a series of paintings that can be described as contemporary cityscapes that he explores and contemplates. We look forward to seeing you at the exhibition.

 

 - 作家ステートメント 

1981年: 美大生になって5年目、最後の年。直線的な遠近法に疑問を持ち始め、作品を前にした人たちに問いを投げかけ、そして最終的にその鑑賞者が瞑想するのに適した作品空間を生み出す一年だった。その空間では、絵画は私の本来の意図を超え、鑑賞者がその中に入って歩き回り、自身に付属するものを鏡に映して見るように誘う媒体となる。

 

1999年: 私はブルックリンのイーストリバーの川縁に座っていた。マンハッタンのスカイラインを目の前に川辺を見ながら、私自身の呼吸、また大都市の呼吸のリズムを感じていた。ブロックの間を小さな滝のように流れるエネルギーを目にし、何十億もの粒子のリズムを聞き、その音を耳にしていた。これらの体験すべてが、世界にはある種の可干渉性が存在するという思いを私に与えてくれた。相互につながりながらも異質な空間からなる世界が広がり、激しいエネルギーとコミュニケーションのネットワークが見えてきた。私が経験したことは、感覚や知性の領域を超えているので、それらを言葉で適切に表現することは非常に難しい。私は作品を制作するに際して直感的なアプローチを採っています。”ものを見るということは、知覚を分析せずに観察することであり、その自由な歩みを直観に委ねて行うものだ。”という考えから来ています。

 

2016年: 私は紅河のほとりに座り、建設現場と霧に包まれた中国の田舎の山々を眺めていた。言葉や説明から解放され、振動する分子で構成されるダイナミックな平衡状態を保つ宇宙に自分が没頭していることに気付いた。エネルギー、活動、プロセスという観点から、その流れや動きを可塑的に再構築しようとしながら、この世界を、拡大、変化する有機的なものとして捉え直すことは、直線的な遠近法という西洋の古典的、機械主義的な見方に疑問を投げかけるということです。作品の完成形という、その最終的なあり方についての問いかけも、非常に重要な問題のまま残されています。現代物理学が、古典的なものの捉え方がいかに偏狭なものであるかについて漏らしている時点でも。「先の大戦以来、物理学の理論に対して日本が貢献してきたことの重要性とは、極東の伝統的な哲学的思想と量子論の哲学的実体との間に存在するある種の関係を示してきたことかもしれない。」

- ヴェルナー・ハイゼンベルク『物理学と哲学』

 20世紀には多くの基本的概念についての抜本的な修正がありました。物質、空間、時間、因果関係などについての捉え方は、世界に対する私たちのビジョンを構成し、それらが変化する際、私たちのヴィジョンもまた変化します。力と物質、粒子と波動、存在と非存在、これらについての従来の考え方は、今日の物理学では時代遅れのものとなっています。物理学者によって導き出され、提示されてきた様々な変化すべては、東洋においては、伝統的に見出され、提示されてきたものと類似した世界観へと行き着きます。

 

- Artist Statement

1981: My 5th and last year as an art student. A year of questioning  the linear perspective, to question the viewer facing the work and, finally, offering him a space favorable to meditate. The painting then becomes a medium in which the viewer is invited to enter, walk around, see in mirror what belongs to him, beyond my original intention.

 

In 1999 I was sitting by the East River in Brooklyn, facing the Manhattan skyline, watching the riverside, feeling the rhythm of my breathing and the one of the metropolis. I watched cascades of energies flowing between the blocks, I heard the rhythms of billions of particles, I heard the sounds and all of this gave me a coherent view of the world. An expanding world, made up of interconnected yet heterogeneous spaces, revealing intense networks of energy and communication.

It is very difficult for me to properly describe this experience in words because what I experience is beyond the realm of the senses and the intellect and I have always defended the idea that my work as a painter can escape to the object of reasoning or to discursive knowledge. I claim an intuitive approach to this work; to see is to observe without analyzing perceptions and leaving free rein to intuition.

 

In 2016 I was sitting on the edge of the Red River facing the construction site and the misty mountains of this Chinese province where I was in artist residency.

Freed from words and explanations I found myself immersed in a universe in dynamic equilibrium composed of vibrating molecules.

To perceive the world as organic, expanding, changing, in terms of energy, activity and process, attempting to reconstruct flows and movements plastically is to question the classic Western mechanistic view of linear perspective.

The questioning of the finality of the work remains relevant at a time when modern physics reveals the narrowness of classical ideas: "The important contribution of Japan to the theory of physics, since the last war, may indicate a certain kindship between traditional philosophical ideas of the Far East and the philosophical substance of quantum theory”. Werner Heisenberg (" Physics and Philosophy ".)

The twentieth century has seen the radical revision of many fundamental concepts: the notions of matter, space, time, cause and effect structure our vision of the world and it changes as they change. Force and matter, particles and waves, existence and non-existence, all of these concepts are outdated in contemporary physics. The changes induced by physicists all lead to a conception of the world similar to that traditionally found in the East.

 

 

Olivier Catté

Born in 1957 in Petit Quevilly

Lives and works in Rouen, France

1977 - 1978 : Ecole des Beaux-arts de Pau.

1979 - 1981 : Institut d’Arts Visuels d’Orléans.

1981 : Diplôme National Supérieur d’Expression Plastique, département Art.