ヒューマー/ハンソン「誰も見ていない時」Huemer/Hansson "When No One Is Watching "

2021年9月11日(土) - 9月26日 (日) 12:00 - 18:00 (土日のみオープン)

11th (sat.) Sept.- 26th (sun.) Sept., 2021

Open: 12:00 - 18:00 on Saturdays and Sundays

 

 

GALLERY IND.では、オーストリア出身の写真家レネ・ヒューマー、スウェーデン出身の写真家・映像作家シェリー・ハンソンの二人による共作写真展「誰も見ていない時」”When No One Is Watching”を開催いたします。

現在、共にウィーンを拠点に活動する二人ですが、音楽に深く傾倒し、ミュージシャンとの親交を通じ数多くの仕事をこなしてきたいう共通点があります。すでに他界している著名大物ミュージシャンから、新進気鋭の若手ミュージシャンに至るまで、その演奏中の姿やバックステージでの表情を的確に捉えた写真や映像を数多く残してきました (2022年4月弊ギャラリーで展覧会を開催予定)。また、ファインアートの領域での表現活動としては、コロジオン法という今から約170年前の19世紀半ばに始まり、今では継承する人が少ない撮影技法を用い、独特なテイストを持つモノクロ写真を生み出しています。解像度の点では、デジタル写真の画素数には転換できないほど高精度の描写を可能とするクオリーティを持ち、色褪せない耐久性、保存性をも兼ね備えています。また、画面に入るわずかなノイズがアナログならではの揺らぎを生み出しています。

この展覧会では、二人のコラボレーションによる写真シリーズ「誰も見ていない時」の中から作品を厳選して展示いたします。本展覧会がヒューマー/ハンソンによる日本での初展覧会で、コロジオン法で制作された極めて稀な写真作品をお楽しみいただける機会ですので、ご興味ありましたらぜひご高覧ください。

 

GALLERY IND. is pleased to present "When No One Is Watching," a photography exhibition by the duo of Austrian photographer Rene Huemer and Swedish photographer and filmmaker Cherie Hansson. 

The two artists, both based in Vienna, share a deep devotion to music and have worked extensively with musicians. They have taken many photographs and videos of musicians, from the big names who have already passed away to up-and-coming young musicians, accurately capturing their expressions during their performances and backstage. As a notable expressive activity in the realm of fine art, they have produced black-and-white photographs with a unique taste, using the wet-plate collodion method, a photographic technique that began in the mid-19th century and is now rarely practiced. In terms of resolution, it has a quarity that allows for highly accurate depiction that cannot be converted into pixels, and it also has durability and preservation that will not fade. In addition, the slightest noise entering the screen creates a "fluctuation" that is unique to analog.

In this exhibition, we will show selected works from their photo series, "When No One Is Looking," which they have been working on together. This exhibition is the first time that Huemer/Hansson  exhibit in Japan, and it is also an opportunity to enjoy their extremely rare photographic works created with the wet plate collodion method.

 

 

 「誰も見ていない時」

 

私たちの目は光を頭の中へ導き入れます。脳はこの光に意味を与えます。人は1分間に17回の瞬きをします。目覚めている時には、毎日1時間のうちの15分は目を閉じています。世界は断片的にしか見えないのですが、その姿は隙間なく処理されます。

解釈が難しいのは、現に目に見えているもので、それは人に刺激を与え、人を疎外するものです。それは魅力的であったり、反発的であったり、時には両方が同時に存在します。動揺とは興奮の特別な形である。世界はそれ自体の姿を示しているが、それが実際にどのように見えるかは、生命体が教えてくれる。"When no one is watching (誰も見ていない時) "は、異なる現実を示す儚いバラードです。誰も見ていないとき、世界は何をしているのか?

「客観性とは、観察者がいなくても観察が可能であるという幻想である。」 (ハインツ・フォン・フェルスター)。

未知のものを表す言葉は存在しない。しかし、その写真は存在する。独自の強さと雰囲気を持つ場所。そして、誰も見ていないところに、この生き物がいるのです。

空はガラスのようなエーテルの縞模様。その下には、周囲の建築物や自然と同じように見慣れた生き物がいて、その構造はキャラクターに対応しています。フレームワークには緊張感があります。”When no one is watching”、それは発見されないことを必然とする、もう一つの世界です。

レネ・ヒューマーは正確なアナログ的手法で、狂乱的なデジタルの加速に対抗しています。写真を完成させる際に生じる、ガラス板の上で次第に乾燥していく化学物質との競争は、21世紀における実践的な減速行為となります。撮影された写真は、私たちが背中を向けたときにそこにあるもの、人目を避けるように存在する現実を見せてくれます。

“When No One Is Watching”は、写真家レネ・ヒューマーとシェリー・ハンソンのコラボレーションによる現在進行中の写真シリーズです。

 

 WHEN NO ONE IS WATCHING

 

Eyes guide light into our head. The brain gives this light a meaning. Everyone blinks 17 times a minute. When awake, eyes are closed for a quarter of an hour every day. The world is seen in fragments, yet processed without gaps.

What eludes interpretation is what is seen, irritates, alienates. It is attractive or repulsive, sometimes both at the same time. Perturbation is a special form of arousal. The world shows itself, but what it actually looks like is what life tells us. “When no one is watching” is a fragile ballad showing a different reality. What does the world do when nobody is watching?

“Objectivity is the illusion that observations can be made without an observer.” (Heinz von Foerster) There are no words for the unknown. But there are pictures of it. Places that have their very own intensity and mood. And then there is this creature - when no one is watching.

Skies are glassy streaks of ether. Below stands the creature, as foreign familiar as the surrounding architecture and nature, the structures of which corresponds to the character. A framework of tension. "When no one is watching"; it is another world, inevitably undetected.

With analog precision, Rene Huemer takes a stand against the frenzied acceleration of the digital. The photographic race against the drying chemistry on the glass plate is a practiced deceleration in the 21st century. The photographs captured show us what is there when our backs are turned, a shy reality.

'When No One Is Watching' is an ongoing series by collaborating photographers René Huemer & Cherie Hansson.

 

WWW.WNOIW.COM

CONTACT@WNOIW.COM

 

 

 

RENÉ HUEMER(レネ・ヒューマー)

 人と音楽と旅をこよなく愛するオーストリア人写真家レネ・ヒューマー (René Huemer) 。現在は、アメリカとオーストリアを拠点に活動しています。DAVE MATTHEWS BANDとPHISHの公式ツアーフォトグラファーとして同行し、バックステージでの打ち解けた時間から、ステージ上でのエネルギー溢れるハイライトの瞬間まで、ショーの二面性を捉えることで、バンドのパフォーマンスに独自の視点を与えています。

レネの写真へのこだわりは、ライブコンサートの様々な画像や、音楽界の大物たちの心の奥が見て取れるような肖像写真であふれた一連の作品を生み出してきました。THE ROLLING STONES、METALLICA、LEONARD COHEN、AMANDA PALMER、SKIN、LEMMY、ZZ TOPなど。彼の作品は、ROLLING STONE、RELIX、ESQUIRE、THE RED BULLETIN、JAZZEDなどの紙媒体やデジタルメディアに掲載されており、これまでに、ロサンゼルス、ニューヨーク、フィラデルフィア、リスボン、フィレンツェの厳選されたギャラリーで展示されています。

 

CHERIE HANSSON(シェリー・ハンソン) 

アリス・シェリー・ハンソン (Alice Chérie Hansson) は、光の効果を捉える鋭敏な感覚を備え、音楽に情熱を傾けるスウェーデン出身の写真家・映像作家です。カリフォルニア州のサンタバーバラシティカレッジで映画制作プログラムを修了し、ロサンゼルスでビデオグラファーやフォトグラファーとして活躍した後、現在はオーストリアのウィーンに移り、フリーランスとして活動しています。彼女の写真作品は、音楽、ポートレート、イベントを中心に、数多くの紙媒体やデジタルメディア上の出版物に掲載されています。また、彼女が手がけた映画は、これまでに、カンヌ、SBIFF、SOHO、Film-fest Houston、Queens World Film Festivalなど複数の映画祭で上映され、賞も獲得しています。

 

RENÉ HUEMER

WWW.RENEHUEMER.COM

 An Austrian photographer with a passion for people, music, and travel, and currently lives and works in the US and Austria. He accompanies both DAVE MATTHEWS BAND and PHISH as their official tour photographer, and provides a unique perspective to the bands‘ performances by capturing the duality of the show - from intimate moments backstage to energetic highlights on stage.

René‘s dedication to photography has led to a portfolio brimming with live concert images and intimate portraits of some of the largest names in music: THE ROLLING STONES, METALLICA, LEONARD COHEN, AMANDA PALMER, SKIN, LEMMY and ZZ TOP, to name a few. His work has appeared in both print and digital publications such as ROLLING STONE, RELIX, ESQUIRE, THE RED BULLETIN, and JAZZED, and has been exhibited in selected galleries in Los Angeles, New York, Philadelphia, Lisbon and Florence.

 

CHERIE HANSSON

WWW.CHERIEHANSSON.COM

 Alice Chérie Hansson is a Swedish photographer and filmmaker with a keen eye for lighting and a passion for music. After completing the film production program at the Santa Barbara City College in California, and working in Los Angeles as a videographer and photographer, she moved to Vienna, Austria, where she currently lives and works as a freelancer. Her photographic work focuses on music, portraits, and events and has appeared in numerous print and digital publications, while the films she has worked on have screened and won awards at several film festivals, such as Cannes, SBIFF, SOHO, Film-fest Houston, Queens World Film Festival and many more.     

 

 

コロジオン法

このプロセスでは、準備、撮影、現像がひとつの連続した作業であり、最大で2時間かかります。
これは正確に定められた制作工程です。すべてのディテールが画像に影響を与えます。ガラス板の状態と清潔さ、化学薬品の混合比、温度、湿度、露光時間、現像の微妙な加減など、あらゆるパラメータ(要因)が画像に影響を与えます。

この技術が発明されたのは1850年のことで、湿式コロジオン法は現在も当時と同じ技術レベルにあります。
異なる化学物質の組み合わせにより、ガラス板上に感光性のコーティングが施される。続いて、そのガラス板を光を通さないフィルムホルダーに入れ、カメラの後ろに入れます。それで数秒間の露光します。写真が正しく撮れているかどうかは、1秒間の中のさらにわずかな時間と撮影者の腕前にかかっています。
レンズにキャップを付けたら、すぐにガラス板を現像・定着させなければいけません。
光化学は、微生物を調教するような仕事です。自然が生き、光が生き、化学物質が生き、生物が生きています。「誰も見ていないとき」に必要な写真撮影の技術は、どれほど高く評価しても十分とは言えないほど高度なものと言っていいでしょう。

  

COLLODION PROCESS

In this process, preparing, photographing and developing the image is a single, continuous operation that can take up to two hours.
It is a precisely defined process. Every detail has an impact on the image: The condition and cleanliness of the glass plate, the mixing ratio of the chemicals, temperature, humidity, exposure time and all the subtleties of development - to name just a few of the parameters.

The technology was invented in 1850, and the wet-collodion process is still at the same technical level today.
The combination of different chemicals provide a light-sensitive coating on the glass plates. The plate must then be placed in a light-tight film-holder, which then goes in the back of the camera.

Now a few seconds of exposure. Fractions of a second and the skill of the photographer decide whether the photograph is captured correctly.
As soon as the cap is back on the lens, the glass plate must immediately be developed and fixed.
Photochemistry is tamer work with microorganisms. Nature lives, light lives, chemical substances live, creatures live. The photographic skills required for “when no one is watching” can hardly be estimated high enough.

 

 

* 湿板コロジオン法は、イギリスのフレデリック・スコット・アーチャー(Frederick Scott Archer)が発明した撮影方法で、ヨウ化物を分散させたコロジオンを塗布した無色透明のガラス板を硝酸銀溶液に浸してヨウ硝化銀の感光膜を作ったものである。湿っているうちに撮影し、硫酸第一鉄溶液で現像し、シアン化カリウム溶液で定着してネガ像を得る。日本語では「コロジオン湿板」または単に「湿板」と呼ばれる場合も多い。

感度が高く露光時間が5秒から15秒と短いこと、1枚のネガから何枚でもプリントできたこと、画質がダゲレオタイプと変わらなかったこと、ダゲレオタイプと比較できないほど安価だったこと、アーチャーが特許を取得しなかったことから短い期間でダゲレオタイプやカロタイプを駆逐した。(wikipediaより引用)