news

 福西広和写真展「歴史と写真 I

 

8月27日(土) 奈良女子大学で、一日限りの写真展が開催されます。当日はトークイベントも行われます。入場料、イベント参加費ともに無料です。

 

◎日程:8月27日(土)12:00〜18:00

◎場所:奈良女子大学N棟1階101教室

◎トークイベント:福西広和/田中希生(歴史家)

 16:00〜17:00

 

下のリンク先をご参照ください。

https://www.fragment-group.com/shogo/


福西 広和「無韻の詩」FUKUNISHI Hirokazu "Blank Verse"

2022年9月3日(土) - 9月18日 (日) 12:00 - 18:00

土日のみオープン

September 3 - 18, 2022

Open: 12:00 - 18:00 on Saturdays and Sundays

 

 

GALLERY IND.では、福西広和によります新作写真展「無韻の詩 (むいんのうた)」を開催いたします。

ものを見るということの本質とは何か、それを考える上での写真の可能性とは、またそれが美として捉えらる瞬間とはいかなる瞬間かといったことへの絶え間ない問いかけと探究心から福西の作品は出発しています。見るという行為は、眼に映るものや現象の全体を均等に捉えているのではなく、ある部分を見ないことにしたり、見えていない部分を補完したりしながら成り立っています。また、ある特定のものを見ていると言っても、それがそのものにまつわる過去の経験を反芻し、自己の想念が外部へ投影されたものを認識しているだけであるとも言えます。福西の作品は見ることが習慣化しているために意識的には捉えていないものの総体から、個別のものや現象固有の特性に光をあて、そこにある抽象的な本質を写真という二次元の画面へと首尾よく転化させているように見えます。

弊ギャラリーでの6回目の個展となります本展では、福西が近年取り組んでいますゼラチンシルバー(銀塩)写真を展示いたします。20世紀後半にそのピークを迎え、デジタル化の進む現代では、感光材料の減少や技術継承の断絶など取り巻く状況は厳しくなる一方のように思え、もはや風前の灯火のようにも見える銀塩写真ですが、今回の個展では、フィルムカメラで撮影され、高い技術力によって現像、バライタ印画紙にプリントされた稀有な写真作品を展示いたします。シャープで繊細な画面を生み出し、そこにその場の空気感や情緒感すらをも湛える銀塩写真の妙趣をお楽しみください。

 GALLERY IND. is pleased to announce the 6th solo exhibition by the fine art photographer, Hirokazu Fukunishi(b.1971). Fukunishi has been giving careful consideration to a matter of seeing things. By means of photography, he brings his ideas into focus on the moment when we come at beauty, the way we find it, and, by extension, what the act of seeing things really is.The act of seeing does not mean that we perceive the entirety of what we see, but rather that we choose not to see certain parts, or that we supplement what we do not see. When we say that we are looking at a particular thing, we are merely ruminating on our past experiences with that thing, and recognizing the external projection of our own thoughts.

Fukunishi captures objects as if he was scooping them out of everyday things we are accustomed to seeing, so that in each of his photographs we can find the essence of each individual thing we have not noticed before.   

This exhibition, Fukunishi's sixth solo exhibition at the gallery, will feature gelatin silver halide photography, which he has been working on in recent years, reaching its peak in the late 20th century. However, in this solo exhibition, we will exhibit rare photographs taken with silver halide film and printed on silver halide photographic paper with advanced technology. We hope you will enjoy the sharpness and delicacy of the silver halide photographs that capture the atmosphere and emotion of the place on the screen.

 

 

作家ステートメント 

写真を撮影する。それは、その瞬間に自分の見たことが、自分が見たことではなくなるときでもある。

もし、そのとき、その分岐を経て、再び浮かび上がる像が、純粋に撮影意図を反映した写真ならば、その写真は、撮影者だけの写真ではなくなっているとも言える。

ところで、ここに撮影された写真があるというのは、とても暑い日に「暑い」と言うのに似ている。恐らく、その発言者は、繰り返しているのをどこかで知りながら、気づかずに反復している。しかし、そこには意識的に関与できない飛躍が秘められているのではないだろうか。撮影の端緒にはそんな、ある種の非数学的な数学性とでも言いたくなるような何かが、感じられているはずだと思われる。反復不可能なことを、反復(してしまう)する。写真の呪性はここに生じているはずである。

 そんな呪性を帯びた《無韻の詩》に導かれながら「写真」が写真になってゆくように思われてならない。

Artist Statement 

Photography. It is also when what one sees at that moment is no longer what the one saw.

If, at that moment, the image that emerges again after that divergence is a photograph that genuinely reflects the intent of the photographer, then it can be said that the photograph is no longer a photograph of the photographer alone.

By the way, the fact that there is a photograph taken here is akin to saying "it's hot" on a very hot day. Perhaps the speaker knows somewhere in his mind that he is repeating himself, but repeats it without realizing it. However, there may be hidden in it a leap that cannot be consciously engaged in. It seems to me that something like a kind of non-mathematical mathematicality must be sensed at the edges of the photography. The impossible is repeated. This is where the curse of photography must arise.

It seems to me that the "photograph" becomes a photograph while being guided by the “blank verse (poetry of no rhymes)”, which is imbued with such a haunting quality.

 

 福西広和 FUKUNISHI Hirokazu

 1971年 大阪府生まれ

1991年 京都造形芸術大学洋画科中退

以後、独学で写真撮影を習得

1971 Born in Osaka, Japan

1991 Left Kyoto University of Art and Design before the completion of its oil painting course

and later learned photography on his own

Lives and works in Osaka, Japan

 

- Exhibitions

- 個展

2021年 「解像の零度」(GALLERY IND./奈良)

2020年 「絶え間ない流れの中で」(GALLERY IND./奈良)

2019年「出来事の粒子」(GALLERY IND./奈良)

2018年「物質化された時間」(GALLERY IND./奈良、もずみみはらのアトリエ/大阪)

2017年「凝集する瞬間」 (GALLERY IND./奈良、もずみみはらのアトリエ/大阪)

2015年「予兆」(もずみみはらのアトリエ/大阪)

- グループ展

2021年 「ながくてアートフェスティバル 2021」(愛知)

2019年 「ながくてアートフェスティバル 2019」(愛知)

2018年 「ながくてアートフェスティバル 2018」(愛知)

2017年 「ながくてアートフェスティバル 2017」(愛知)

2016年 「ときのかけら と かけらのとき」(もずみみみはらのアトリエ/大阪)

             「ながくてアートフェスティバル 2016」(愛知)

2015年 「ながくてアートフェスティバル 2015」(愛知) 

 - Solo Exhibitions

2021 - Seeing, Degree Zero (GALLERY IND./Nara)

2020 - In The Never-ending Flow (GALLERY IND./Nara)

2019 - Particles of The Occurrence (GALLERY IND./Nara)

2018 - Substantialized Time (GALLERY IND./Nara + Mozumimihara-no Atelier/Osaka)

2017 - Cohered Moment (GALLERY IND./Nara + Mozumimihara-no Atelier/Osaka)

2015 - Premonition (Mozumimihana-no Atelier/Osaka)

- Collective Exhibitions

2021 - NAGAKUTE Art Festival 2021 (Aichi)

2019 - NAGAKUTE Art Festival 2019 (Aichi)

2018 - NAGAKUTE Art Festival 2018 (Aichi)

2017 - NAGAKUTE Art Festival 2017 (Aichi)

2016 - Tokinokakerato Kakeranotoki (Mozumimihara-no Atelier/Osaka)

         - NAGAKUTE Art Festival 2016 (Aichi)

2015 - NAGAKUTE Art Festival 2015 (Aichi)