ベルタ・セセ 個展   Berta Sesé  "MIRAGES"

2018年4月7日(土) − 4月29日(日)

土日:12:00 - 18:00 

 7 sat. - 29 sun. April  2018 

Open: Saturdays & Sundays (12:00 - 18:00) 

 

 

 GALLERY IND.では一昨年、昨年に続きバルセロナ出身、現在パリに活動拠点を置くカタルーニャ人アーティスト、ベルタ・セセの3回目の個展"MIRAGES"を開催いたします。

ベルタ・セセは2002年にバルセロナの服飾学校を卒業後パリへと渡り、2013年まではファッションデザイナー、スタイリストとして活躍していました。その間も絵画、写真等のビジュアルアートへの関心は強く、2014年からは自身のアトリエで作品制作に専念しています。現在は主に絵画と写真を相互補完的な表現媒体として捉え、意欲的に作品を制作しています。2016年に弊ギャラリーでの個展で展示いたしました、金属の酸化面などを宇宙を浮遊する物体のように捉えた写真シリーズMacrocosmosに続き、今回は物の表面や剥離面を拡大写真として捉えたMacrophotographyシリーズからモノクロ写真を展示いたします。泡沫夢幻という存在のありようを想起させるベルタ・セセの繊細な作品世界をぜひお楽しみください。

 

GALLERY IND. is pleased to present the solo exhibition of the catalan artist Berta Sesé. Born in Barcelona (Spain) and based in Paris (France) since 2002, where she did work as a fashion designer for twelve years.  She decides to devote herself exclusively to Art since 2014. The artist’s work alternates between painting and photography, two complementary media of expression without borders to her eyes.

 Her photographic work is based on the close up perception and observation of our daily life, by interpreting the details it conceals. Using the macro technique, the artist livens up the discoveries of her visions in dreamlike worlds and landscapes, fruit of the observable eye’s limits.

 Berta Sesé’s work  is inspired by the research of the infinitely small to the infinitely big, as in quantum mathematics and fractales. She leads us to appreciate  the bond between detail and whole. 


Text by Aurelia Guis

Editor of Culturedialogue.com

 

Traces

 

Tape,

strip,

cardboard,

bright marks.

 

The art of seeing in the impermanent, the modest, or even the ugly, an alterable aesthetic state, somehow wabi sabi. What is, simply is, without judgment. An imperfection which becomes great beauty. A detail that leads to a new state.

 

Create without intention.

 

Berta Sesé is a multidisciplinary artist working on macrophotography. Without effects, she approaches the real world with a very intimate, almost scientific approach of details. Macro itself becomes a whole world, an extraction, an emphasise, of a chosen time. Some thing becomes another, like a change of state, dreamlike and moving.

 

In the photo series "ribbon of confusion", the traces left by the tape taken off its surface, unsightly and without interest, finds in the eye of the artist a new state.

 

See. What is.

See in what is, what is not, but is elsewhere.

What is but is not.

What is created by the eye of the one looking and thus giving life.

The eye. Creator. God.

Life, what was one thing and at the same time something else. Which is both dead and

living. Double state.

We are creators of our lives, creator of life.

A calm look, a frozen image, a generated life.

A landscape discovered in a piece of tape taken off.

 

Impermanence. A state is never immutable. By definition it is state and therefore subject

to alteration. Alteration and otherness. The other state. State of grace in a changing world

where captured by the image, it becomes language. When the artist offers her own

language, namely her look, she offers to "see". See what is not, in the immutable

image, another state, from her to us.

 

  Aurelia Guis

 Editor of Culturedialogue.com

 

 

痕跡

 

テープ、

ひも、

厚紙、

鮮明に残る何かの跡

 

儚いもの、慎ましいもの、また醜いものの中にすら、変異の可能性を秘めた美的位相や侘び寂びを見出す技。存在しているものが、判断を保留されたまま、ただ存在していること。卓越した美へと変質する不完全なもの。新たな状態へと行き着く細部。

作為なく創造すること。

ベルタ・セセは、多岐にわたる領域で経験を積むアーティストで、現在は主に拡大写真(macrophotography)を用いた表現に取り組んでいます。撮影には特殊効果を使用せず、科学的なアプローチに近い手法で綿密にものの細部へと接近していきます。細部の拡大が、そのまま全体へと繋がり、特定の瞬間が抽出され、強調されています。あるものの状態が、夢の中で眺めているかのように揺らめき、別のものへと移り行きます。

 

“ribbon of confusion”というシリーズ写真では、人の関心を引くでもなく無造作に剥がされたテープの痕跡が、作家の眼によって新たなものとして捉えられています。

 

見ること。存在しているものを。

目の前に存在してはいないが、どこか他の場所に存在しているものをその中に見ること。

ここに存在しているが、同時に存在してはいないものを。

眼が捉え、生命を与え、それによって創造されるものを。

その眼、創造主、神。

生命、かつてはそれ自らの姿であり、また同時に他のものでもある姿を見ること。死んでおり、また生きてもいるその並存状態を。

私たちはもう一つの生命の創造主。

静かに目を向け、その姿を閉じ込め、生命を創り出す。

剥落したテープの跡に見出される風景。

 

 

儚さ。不変ではない状態。かりそめで変化しやすいもの。変質性と異質性。もう一つの状態。変わりゆく世界における優美な位相。イメージによって捉えられる変わりゆく世界の中の優美、それが言語になる。作家が自らの言語すなわちその眼差しを私たちに差し出すとき、彼女は「見る」ことを提供しているのです。存在しないものを見ること、凍結されたイメージの中に。

 

 

カルチャーダイアログ

オレリア・ギー

www.culturedialog.com

 


 

 PROFILE

Berta Sesé Pinteño, born in Barcelona, Spain, 1980

Lives and works in Paris (France) since 2002    

After her 12 years' career in fashion in Paris, she dedicates exclusively to art since 2014.                                                                                      

2013 – 2016  ABA (Ateliers Beaux Arts Paris) atelier Alberto Cont, Paris (France)

1998 – 2002  ICM (Institut Català de la Mode, Barcelona, Spain) Graduate in Fashion design and pattern.

 

Solo Exhibitions

2018

– Catalan Studies Center – Sorbonne University. Paris (France)

– Gallery IND. Ikoma, Nara (Japan) 

2017

– Holistic Arts Center. Paris (France) 

– L’ Antenne. Paris (France) 

−  Palais des Papes, Avignon (France)

− "Ether's Chimies" (GALLERY IND.) Ikoma, Nara (Japan)

2016

− "Macro Cosmos" (GALLERY IND.) Ikoma, Nara (Japan)

Group Exhibitions

2018

– Gallery Dièse 22. Paris (France)

2017

– Noo Kitty / Gallery IND. Osaka (Japan) 

2014

– MPAA Broussais (Maison des Pratiques Artistiques Amateurs) Paris (France)

– Galerie Le Phylactère, Boulogne Billancourt (France)

 

website: 

www.bsese-art.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後援: インスティトゥ−ト・ラモンリュイ

Institut Ramon Llull