福西広和「《解像》の零度」FUKUNISHI Hirokazu "Seeing, Degree Zero"

 

2021年10月9日(土) - 10月24日 (日) 12:00 - 18:00  土日のみオープン

9 (sat.) Oct.- 24 (sun.) Oct., 2021

Open: 12:00 - 18:00 on Saturdays and Sundays

*開催期間の土日14:00以降は、基本的には作家が在廊しています。

*日曜日は12:00-18:00以外の時間でもご鑑賞可能です。ご希望の方は前日までにご連絡ください。

  

 

GALLERY IND.では、福西広和によります新作写真展「《解像の零度》」を開催いいたします。

ものを見るということの本質とは何か、それを考える上での写真の可能性とは、またそれが美として捉えらる瞬間とはいかなる瞬間かといったことへの絶え間ない問いかけと探究心から福西の作品は出発しています。見るという行為は、眼に映るものや現象の全体を均等に捉えているのではなく、ある部分を見ないことにしたり、見えていない部分を補完したりしながら成り立っています。また、ある特定のものを見ていると言っても、それがそのものにまつわる過去の経験を反芻し、自己の想念が外部へ投影されたものを認識しているだけとも言えます。福西の作品は見ることが習慣化しているために意識的には捉えていないものの総体から、個別のものや現象固有の特性に光をあて、そこにある抽象的な本質を写真という二次元の画面へと首尾よく転化させているように見えます。

今回が弊ギャラリーでの5回目の福西広和展になりますが、作家の基底にある視点や思考の断片をお楽しみいただければ幸いです。 

 GALLERY IND. is pleased to announce the 5th solo exhibition by the fine art photographer, Hirokazu Fukunishi(b.1971). Fukunishi has been giving careful consideration to a matter of seeing things. By means of photography, he brings his ideas into focus on the moment when we come at beauty, the way we find it, and, by extension, what the act of seeing things really is.The act of seeing does not mean that we perceive the entirety of what we see, but rather that we choose not to see certain parts, or that we supplement what we do not see. When we say that we are looking at a particular thing, we are merely ruminating on our past experiences with that thing, and recognizing the external projection of our own thoughts.

Fukunishi captures objects as if he was scooping them out of everyday things we are accustomed to seeing, so that in each of his photographs we can find the essence of each individual thing we have not noticed before.   

 We hope you will enjoy his artworks and the fragments of his perspectives and thoughts that underlie them.

 

 

作家ステートメント

もし、求めてやまない《何か》が、運良く捉えられていたなら《それら》は、いったい《何》なのだろうか? 恐らく《それら》は《欲望》に関わっていると思われる。つまり、人工知能や機械的な《予測分析》を遥かに超えているのだ。見るという行為は、身体と様々な感覚に深く刻み込まれた自然が、充溢へと向かう兆しを常に求めているはずだ。それらは、同時に混沌とした外界と内的衝動の閾にある領野に達する強度を欲しているのではないだろうか、、、そんな思いに駆られている。

Artist Statement

If we are lucky enough to capture some of the things that we are looking for, what are they? Perhaps they have something to do with desire. In other words, they are far more than artificial intelligence or mechanical "predictive analysis". The act of seeing is a constant search for signs that nature, deeply imprinted in the body and in the senses, is moving towards fullness. At the same time, it is a desire for the strength to reach the threshold between the chaos of the outside world and the inner impulses. I am tempted to think that way.

 

 

福西広和 FUKUNISHI Hirokazu

 

1971年 大阪府生まれ

1991年 京都造形芸術大学洋画科中退

以後、独学で写真撮影を習得

1971 Born in Osaka, Japan

1991 Left Kyoto University of Art and Design before the completion of its oil painting course

and later learned photography on his own

Lives and works in Osaka, Japan

 

- Exhibitions

- 個展

2020年 「絶え間ない流れの中で」(GALLERY IND./奈良)

2019年「出来事の粒子」(GALLERY IND./奈良)

2018年「物質化された時間」(GALLERY IND./奈良、もずみみはらのアトリエ/大阪)

2017年「凝集する瞬間」 (GALLERY IND./奈良、もずみみはらのアトリエ/大阪)

2015年「予兆」(もずみみはらのアトリエ/大阪)

- グループ展

2021年 「ながくてアートフェスティバル 2021」(愛知)

2019年 「ながくてアートフェスティバル 2019」(愛知)

2018年 「ながくてアートフェスティバル 2018」(愛知)

2017年 「ながくてアートフェスティバル 2017」(愛知)

2016年 「ときのかけら と かけらのとき」(もずみみみはらのアトリエ/大阪)

             「ながくてアートフェスティバル 2016」(愛知)

2015年 「ながくてアートフェスティバル 2015」(愛知) 

 - Solo Exhibitions

2020 - In The Never-ending Flow (GALLERY IND./Nara)

2019 - Particles of The Occurrence (GALLERY IND./Nara)

2018 - Substantialized Time (GALLERY IND./Nara + Mozumimihara-no Atelier/Osaka)

2017 - Cohered Moment (GALLERY IND./Nara + Mozumimihara-no Atelier/Osaka)

2016 - Premonition (Mozumimihana-no Atelier/Osaka)

- Collective Exhibitions

2021 - NAGAKUTE Art Festival 2021 (Aichi)

2019 - NAGAKUTE Art Festival 2019 (Aichi)

2018 - NAGAKUTE Art Festival 2018 (Aichi)

2017 - NAGAKUTE Art Festival 2017 (Aichi)

2016 - Tokinokakerato Kakeranotoki (Mozumimihara-no Atelier/Osaka)

         - NAGAKUTE Art Festival 2016 (Aichi)

2015 - NAGAKUTE Art Festival 2015 (Aichi)