福西広和「物質化された時間」                                                    Hirokazu Fukunishi  "Substantialized Time"

2018年10月13日(土) − 11月4日(日)

土日:12:00 - 18:00 オープン

13 sat. October - 4 sun. November, 2018 

Open: Saturdays & Sundays (12:00 - 18:00)

 

- 巡回展会場: もずみみはらのアトリエ

2018年11月10日(土) - 11月25日(日)

土日: 12:00 - 18:00 オープン

11 sat. - 25 sun. November, 2018

 Open: Saturdays & Sundays: 12:00 - 18:00

〒590-0811 堺市堺区南陵町3-4-8

JR阪和線上野芝駅より徒歩約10分(約800m) 

*ページ下の地図をご参照ください。

info@pomo.cc

https://www.facebook.com/mozumimihara

 

 

 GALLERY IND.では昨年開催の「凝集する瞬間」に続き、福西広和個展「物質化された時間」を開催いたします。

写真家、写真哲学者としての福西の考察は、ものを見るということの本質とは何か、それを考える上での写真の可能性とは、また美が現前する瞬間とはいかなる瞬間かといったことへの絶えざる興味と探究心から発しています。

見るという行為は、眼に映るものや現象の全体を均等に捉えているのではなく、ある部分を見ないことにしながら成り立っている行為ですが、福西の作品は見慣れたもの、習慣化しているために意識的には捉えていないものの総体から、個別のものや現象固有の特性に光をあて、その抽象的性質を写真という具体物へと首尾よく鮮やかに転化させているように見えます。

様々なものや現象を二次元の画面へと定着させる福西の視点とスタイル、またその基底にある独自の視線と思考の断片をお楽しみください。

尚、弊ギャラリーでの会期終了後、展示作品はそのまま、会場を「もずみみはらのアトリエ」(大阪府堺市)に移して展示いたします。「もずみみはらのアトリエ」は、彫刻家、画家の保田龍門(1891-1965)氏が建て、作品制作に使用されていた非常に趣のある空間です。ぜひそちらの会場へもお出かけいただき、ご高覧いただければと存じます。

 

 GALLERY IND. is pleased to announce the solo exhibition by a fine art photographer, Hirokazu Fukunishi(b.1971). Fukunishi has given careful consideration to a problem of what seeing something is. By means of photography, he brings his ideas into focus on the moment we come at beauty, the way we find it, and, by extension, what the act of seeing something is.

He captures the objects, lightening them against the dim backgrounds, as if he was scooping them out of everyday things with his hands. We can find in each of his photographs the essence of individual things extracted from what we have got accustomed to seeing.  

 

 作家ステートメント

「見ることができるのは、それを何処かで見たからだろうか?」

「もしそうならば、そうではないことは見れないのではないだろうか?」

「では、見たであろうことに何を見ているのだろうか?」

そのような懐疑から見ると、写真は、意味のない粒子によって、見ることを《物質》に置き換えていると捉えられるかも知れない。

果たして、この置換によって流れる《時間》はあるのだろうか?

Artist Statement

What makes it possible to see things? Is it made possible because we have already seen them somewhere before? In that case, can't we see what we haven't?

What is it that we see in what we seem to have seen? 

From such a skeptical point of view, we may safely say that taking a photograph is an act of replacement of seeing something with something substantialized, utilizing meaningless particle matters.

Then, can it really be possible to make time flow through this replacement?

 

 

PROFILE

福西広和

1971年 大阪府生まれ

1991年 京都造形芸術大学洋画科中退

以後、独学で写真撮影を習得

Hirokazu Fukunishi

1971 Born in Osaka, Japan

Lives and works in Osaka, Japan

 

- Exhibitions

- 個展

2017年「凝集する瞬間」 (GALLERY IND./奈良、もずみみはらのアトリエ/大阪)

2015年「予兆」(もずみみはらのアトリエ/大阪)

- グループ展

2018年 「ながくてアートフェスティバル 2018」(愛知)

2017年 「ながくてアートフェスティバル 2017」(愛知)

2016年 「ときのかけら と かけらのとき」(もずみみみはらのアトリエ/大阪)

             「ながくてアートフェスティバル 2016」(愛知)

2015年 「ながくてアートフェスティバル 2015」(愛知) 

 - Solo Exhibitions

2017 - Cohered Moment (GALLERY IND./Nara + Mozumimihara-no Atelier/Osaka)

2016 - Premonition (Mozumimihana-no Atelier/Osaka)

- Group Exhibitions

2018 - NAGAKUTE Art Festival 2017 (Aichi)

2017 - NAGAKUTE Art Festival 2018 (Aichi)

2016 - Tokinokakerato Kakeranotoki (Mozumimihara-no Atelier/Osaka)

         - NAGAKUTE Art Festival 2016 (Aichi)

2015 - NAGAKUTE Art Festival 2015 (Aichi)

 

 

もずみみはらのアトリエ地図 ↓