福西広和 個展「絶え間ない流れの中で」           Hirokazu Fukunishi  Exhibition "In The Never-ending Flow"

 

I.  2020年10月10日(土) - 10月25日(日)  <既知と未知>

II. 2020年11月7日(土) - 11月22日(日)  <明らかにされた偶然>

Open: 土日 12:00 - 18:00   

作家在廊:10月25日(日) 12:00 - 18:00 

 

I. 10 (sat.) - 25 (sun.) October, 2020 <The Known And The Unknown>

II. 7 (sat.) - 22 (sun.) November, 2020 <Coincidences Revealed>

Open: 12:00 - 18:00 on Saturdays and Sundays

 

 

 GALLERY IND.では、福西広和によります弊ギャラリーでの4回目の個展「絶え間ない流れの中で」を開催いたします。今回は、展示作品をシリーズごとに2つに分け、それぞれをI期 <既知と未知>、II期 <明らかにされた偶然>と題して開催いたします。

写真家、福西広和の考察は、ものを見るということの本質とは何か、それを考える上での写真の可能性とは、またそれが美として捉えらる瞬間とはいかなる瞬間かといったことへの絶え間ない興味と探究心から発しています。見るという行為は、眼に映るものや現象の全体を均等に捉えているのではなく、ある部分を見ないことにしながら成り立っている行為ですが、その作品は見慣れたもの、習慣化しているために意識的には捉えていないものの総体から、個別のものや現象固有の特性に光をあて、その抽象的性質を写真という二次元の画面へと首尾よく転化させているように思えます。

今回の展示は、I期<既知と未知>では、ダイナミックに展開する天空の世界と、それとは対照的に、凍結し、沈黙してしまったかのような地上の世界を捉えたモノクロ写真、II期<明らかにされた偶然>では、漆黒を背景に、視覚的な揺さぶりをかける実験的手法で、露草の可憐で妖艶な姿を撮影したカラー写真で構成されます。それぞれの作品シリーズを通して、作家の基底にある視点や思考の断片をお楽しみいただけれ幸いです。 

 GALLERY IND. is pleased to announce the 4th solo exhibition by the fine art photographer, Hirokazu Fukunishi(b.1971). Fukunishi has been giving careful consideration to a matter of seeing things. By means of photography, he brings his ideas into focus on the moment when we come at beauty, the way we find it, and, by extension, what the act of seeing things really is.

He captures objects as if he was scooping them out of everyday things we are accustomed to seeing, so that in each of his photographs we can find the essence of each individual thing we have not noticed before.    The period I, "The Known And The Unknown", features the black-and-white photographs of the dynamically unfolding world of the heavens and the earthly world which appears frozen and silent. And the period II, "Coincidences Revealed," consists of the color photos of the bewitching figure of the dew grass against a jet-black background, with a visually experimental technique. 

 We hope you will enjoy his Baroque photographs, and also the fragments of his perspectives and thoughts that underlie them.

 

作家ステートメント

 

《絶え間ない流れのなかで》

 

Prologue

 

 私たちの体験的な領野は、漠然とした《既知感》に覆われている。それらは、身体が感受している感覚的な《何か》が、常に混ざり合いながら複合し、はっきりしていない。しかし、既知であれ、未知であれ、《何か》を発端に、一度でも、意識が「それ」だと認めれば、知覚として内面化され、日常的な必要に応じて組み替えながら《体験》となるのかも知れない。一方で、視覚において、見たことがある《何か》にだけ、視覚性が心象と連動するかの如く極端な短絡が、生じやすいのではないだろうか。他方で、視覚には、流転する《絶え間ない流れのなかで》互いに一致することも、出会う筈もない《何か》と《何か》を、結びつける。そんな、闇雲なこじつけを、求めてやまない《欲望》が、その根底にあるように思える。もし、それを触発できるような《何か》が、運よく撮影されていたならば、そこには何が写っているのだろうか、そんな問いかけが、心に響き続けている。

 

I《既知と未知 》

 視覚は、見ていることが蓋然性に包まれたままで、それが様々な可能性を含んでいるにも関わらず、日々の途切れない移り変わりのため、眼にしたことを、既知化せずにいられないのかも知れない。それならば、視覚にとっての未知は、何処にあるのだろうか。

 

Ⅱ《明らかにされた偶然》

 ともかく偶発的に発生した動機は、「もっと細部まで、よく見てみたい」と思ったこと。見ていることを補正しつつ、修正してゆく。そのとき、それは、光が象る像を、可能な限り拡大し、未知を既知へと変化させようとする《何か》だった。

 

Artist Statement

 

<In The Never-ending Flow>

 

Prologue

 

Our experiential fields are covered with a vague sense of the "known". They are always mixed and compounded by the sensory sensations of the body, and are not clearly defined. However, whether it is known or unknown, once we recognize "something" as "it" in our consciousness, it may be internalized as a perception, and then it becomes an "experience" by recombining them according to our daily needs. On the other hand, it is easy for us to experience an extreme short circuit, as if the visual nature is linked to the mental image, only when we have seen "something" before. At the same time, there is a link between "something" and "something" which is not supposed to coincide or meet with each other in the "never-ending flow" of the visual world. It seems to me that at the root of it is a desire to make such a dark complication. If we were lucky enough to find "something" that could inspire such a desire, what would be captured in the photographs? Such questions echo in my mind.

 

 I  <The Known And The Unknown>

Vision may be unable to avoid making known what it sees because of the uninterrupted daily transitions, even though what it sees remains shrouded in probability and contains various possibilities. If so, where is the unknown to the eye?

 

Ⅱ  <Coincidences Revealed>

Anyway, the motivation for the accidental occurrence was that I wanted to take a closer look at it, in more detail. I was correcting and modifying what I was seeing, and at that time it was "something" that was trying to expand as much as possible the image that the light represented, to transform the unknown into the known.

 

 

 

福西広和 FUKUNISHI Hirokazu

 

1971年 大阪府生まれ

1991年 京都造形芸術大学洋画科中退

以後、独学で写真撮影を習得

1971 Born in Osaka, Japan

1991 Left Kyoto University of Art and Design before the completion of its oil painting course

and later learned photography on his own

Lives and works in Osaka, Japan

 

- Exhibitions

- 個展

2019年「出来事の粒子」(GALLERY IND./奈良)

2018年「物質化された時間」(GALLERY IND./奈良、もずみみはらのアトリエ/大阪)

2017年「凝集する瞬間」 (GALLERY IND./奈良、もずみみはらのアトリエ/大阪)

2015年「予兆」(もずみみはらのアトリエ/大阪)

- グループ展

2019年 「ながくてアートフェスティバル 2019」(愛知)

2018年 「ながくてアートフェスティバル 2018」(愛知)

2017年 「ながくてアートフェスティバル 2017」(愛知)

2016年 「ときのかけら と かけらのとき」(もずみみみはらのアトリエ/大阪)

             「ながくてアートフェスティバル 2016」(愛知)

2015年 「ながくてアートフェスティバル 2015」(愛知) 

 - Solo Exhibitions

2019 - Particles of The Occurrence (GALLERY IND./Nara)

2018 - Substantialized Time (GALLERY IND./Nara + Mozumimihara-no Atelier/Osaka)

2017 - Cohered Moment (GALLERY IND./Nara + Mozumimihara-no Atelier/Osaka)

2016 - Premonition (Mozumimihana-no Atelier/Osaka)

- Group Exhibitions

2019 - NAGAKUTE Art Festival 2019 (Aichi)

2018 - NAGAKUTE Art Festival 2018 (Aichi)

2017 - NAGAKUTE Art Festival 2017 (Aichi)

2016 - Tokinokakerato Kakeranotoki (Mozumimihara-no Atelier/Osaka)

         - NAGAKUTE Art Festival 2016 (Aichi)

2015 - NAGAKUTE Art Festival 2015 (Aichi)