フレッド・アトラン  Fred Atlan Exhibition "Shelter the space"

2019年5月18日(土) − 6月9日(日)

Open: 土日:12:00 - 18:00   

18 sat. May - 9 sun. June, 2019 

Open: Saturdays & Sundays (12:00 - 18:00) 

 

南仏トューロン出身、現在パリで活動する写真家フレッド・アトランによります、弊ギャラリーでの4回目の新作写真展"Shelter the space"を開催いたします。

フレッド・アトランはパリ第八大学で視覚芸術を中心とした美学・芸術学を修了、その後は主にプレス、ファッション、広告写真等を撮影する職業写真家として活動、近年はそれらと並行してファインアートの領域で独自の作品を意欲的に制作しています。今回の個展では、鉱物や植物などを素材にし、それらを組み合わた造形物やその物理的運動を撮影した新作シリーズ "Shelter the spaceからの作品を展示いたします。身近にある素材から新たな寓意的風景を作り上げ、未知なる崇高の世界への接触をテーマに展開しているシリーズです。撮影される対象物の振動や運動とともに、それらを認識する際の撮影者の心の動きをも映し出しているかのような作品群です。

 

GALLERY IND. is pleased to present the solo exhibition of the French photographer Frédéric Atlan, his fourth solo show in Japan. After graduating from the University of Paris 8, he embarked on a career as a professional photographer, and now he works also as a fine art photographer based in Paris. This exhibition will be showing his new photography series "Shelter the Space", a new series in which he reaches toward unknown worlds by intervening in and recreating breathtaking landscapes, reassembling their geographic features and physical movements.

 

 

Artist Statement

 今回のシリーズでは、鉱物や植物などの素材を組み合わせて作り上げた、つかの間のシェルター(避難所)を撮影しています。一つの画像の中では、いくつかのイメージが重ねられ、振動を伝える効果や運動する感覚を生み出しています。その中にあるシェルターやキャビンは、脆く、自然の物理的作用を受けるため、脱構築への道を辿って行きます。シェルターは、保護してくれるものであるのと同時に、壊れやすいものにもなっています。また、それは、人の内側にもあり、同時に外側にも存在しています。私は、子供のようになって、それらを組み立てては取り壊して遊んでいるのです。

 

 These are different kinds of shelters, ephemeral, constructed of materials mixing the mineral and the plant.
Within a single image, several images are superimposed creating a vibratory effect, a feeling of movement.
The movement leads to deconstruction because the shelter, the cabin are fragile and victim of the forces of nature. 

Shelter is both protection and vulnerability. Shelter is both inside and out.
I am like the child who plays who builds and deconstructs.

 

 

 

Frédéric Atlan

1966  Born in Toulon, France

          Lives and works in Paris, France