福西広和 個展「出来事の粒子」                                                     Hirokazu Fukunishi "PARTICLES OF THE OCCURRENCE"

2019年10月5日(土) − 10月27日(日)

Open: 12:00 - 18:00   

5 (sat.) - 27 (sun.) October, 2019 

Open: 12:00 - 18:00 

 

 

GALLERY IND.では昨年開催いたしました「物質化された時間」に続きまして、福西広和によります弊ギャラリーでの3回目の個展「出来事の粒子」を開催いたします。

写真家、写真哲学者としての福西の考察は、ものを見るということの本質とは何か、それを考える上での写真の可能性とは、また美が現前する瞬間とはいかなる瞬間かといったことへの絶えざる興味と探究心から発しています。

見るという行為は、眼に映るものや現象の全体を均等に捉えているのではなく、ある部分を見ないことにしながら成り立っている行為ですが、福西の作品は見慣れたもの、習慣化しているために意識的には捉えていないものの総体から、個別のものや現象固有の特性に光をあて、その抽象的性質を写真という具体物へと首尾よく鮮やかに転化させているように見えます。

様々なものや現象を二次元の画面へと定着させる福西の視点とスタイル、またその基底にある独自の視線と思考の断片をお楽しみください。 

 

GALLERY IND. is pleased to announce the solo exhibition by a fine art photographer, Hirokazu Fukunishi(b.1971). Fukunishi has given careful consideration to a problem of what seeing something is. By means of photography, he brings his ideas into focus on the moment we come at beauty, the way we find it, and, by extension, what the act of seeing something is.

He captures the objects, lightening them against the dim backgrounds, as if he was scooping them out of everyday things with his hands. We can find in each of his photographs the essence of individual things extracted from what we have got accustomed to seeing.  

 

作家ステートメント

《出来事の粒子》は、そこに《在る》と同時に、《見る》契機となっている。それらは、まだ到来していない《出来事》の兆しなのかもしれない。

 生じたはずの《出来事》について、様々になされる「解釈」は、即座に「画像」となり、「共有」可能になる。  もし、そうして得られた「画像」が、高度なテクノロジーによって、予め分類され、周到にカタログ化されていたことを、顕にしているのなら、それらが、どれだけ鮮明に見えても「制約」からの「選択」であり、類型化された諸相であることは否めない。それでも、そのとき、それらについて、僅かでも何かを感じ、何かが見えていたはずである。

それらは、そのとき、《見える》寸前が見えるように、見えていたのではないだろうか、、、?

生じたはずの《出来事》は、すべての「解釈」を超えているのだろうか、、、?

それらは、意味のない《粒子》によって、微かに見えるように《見える》のだろうか?

 

ARTIST STATEMENT

There are some particles there. They are the particles of an occurrence, and at the same time they are the point of seeing things. Furthermore, they may be the shape of things to come.

 Today, varying interpretations of what must have happened turn immediately into digital images and can be shared among us. If we view those images as the ones that have already been classified into some categories and carefully catalogued through highly developed technology, no matter how clearly we see them, it may follow that we have selected them from the limited ones and in accordance with precedence. Nevertheless, we surely felt something, even a little, happening at that moment, and we saw it there.

 Should I think we saw such an event as if we had seen it just before it took place? Is it that what must have occurred is beyond our normal interpretation? Does it come to our eyes with subtlety in the form of particles which do not have any particular meaning?

 

 

 

PROFILE

福西広和

1971年 大阪府生まれ

1991年 京都造形芸術大学洋画科中退

以後、独学で写真撮影を習得

Hirokazu Fukunishi

1971 Born in Osaka, Japan

1991 Left Kyoto University of Art and Design before the completion of its oil painting course

and later learned photography on his own

Lives and works in Osaka, Japan

 

- Exhibitions

- 個展

2018年「物質化された時間」(GALLERY IND./奈良、もずみみはらのアトリエ/大阪)

2017年「凝集する瞬間」 (GALLERY IND./奈良、もずみみはらのアトリエ/大阪)

2015年「予兆」(もずみみはらのアトリエ/大阪)

- グループ展

2018年 「ながくてアートフェスティバル 2018」(愛知)

2017年 「ながくてアートフェスティバル 2017」(愛知)

2016年 「ときのかけら と かけらのとき」(もずみみみはらのアトリエ/大阪)

             「ながくてアートフェスティバル 2016」(愛知)

2015年 「ながくてアートフェスティバル 2015」(愛知) 

 - Solo Exhibitions

2018 - Substantialized Time (GALLERY IND./Nara + Mozumimihara-no Atelier/Osaka)

2017 - Cohered Moment (GALLERY IND./Nara + Mozumimihara-no Atelier/Osaka)

2016 - Premonition (Mozumimihana-no Atelier/Osaka)

- Group Exhibitions

2018 - NAGAKUTE Art Festival 2018 (Aichi)

2017 - NAGAKUTE Art Festival 2017 (Aichi)

2016 - Tokinokakerato Kakeranotoki (Mozumimihara-no Atelier/Osaka)

         - NAGAKUTE Art Festival 2016 (Aichi)

2015 - NAGAKUTE Art Festival 2015 (Aichi)