フレッド・アトラン個展   Fred Atlan "Distraught things"

2018年5月19日(土) − 6月10日(日)

土日:12:00 - 18:00 

19 sat. May - 10 sun. June, 2018 

Open: Saturdays & Sundays (12:00 - 18:00) 

南仏トューロン出身、現在パリで活動する写真家フレッド・アトランによる新作写真展を開催いたします。

フレッド・アトランはパリ第八大学で視覚芸術を中心とした美学・芸術学を修了、その後は主にプレス、ファッション、広告写真等を撮影する職業写真家として活動、近年はそれらと並行してファインアートの領域で独自の作品を意欲的に制作しています。今回の個展では、紙、木片、鉄などの素材を組み合わた造形物やその物理的運動を撮影した新作シリーズ Précipitations, totems & habitats (沈殿物、トーテム、生息地)からの作品を中心に展示いたします。一昨年の展示作品同様、身近にあるものから新たな寓意的風景を作り上げ、未知なる崇高の世界への接触をテーマに展開しているシリーズです。今回の展覧会タイトルにあります"distraught"とは、フランス語の "éperdu"という語の英訳で、 "ぞっとするような、振動した、取り乱した、心動かされた"という意味で、撮影される対象物の状態と同時に、そのイメージを認識する際の撮影者の心理状態をも示しているようです。

 

GALLERY IND. is pleased to present the solo exhibition of the French photographer Frédéric Atlan, his third solo show in Japan. After graduating from the University of Paris 8, he embarked on a career as a professional photographer, and now he works also as a fine art photographer based in Paris. This exhibition will be showing his new photography series "Précipitations, totems & habitats", a new series in which he reaches toward unknown worlds by intervening in and recreating breathtaking landscapes, reassembling their geographic features and physical movements.

 

 

Artist Statement

私が撮影する画像は、私たちの起源に関する未知の世界に触れたものです。

キーワードとなるのは、重力、シェルター、ダメージ、化石、蜃気楼などです。

撮影現場は一種の遊び場となり、そこでものを組み立て、また分解していきます。結果として、そこにはどこか取り乱れたようなものが現れて来るのです。

My images refer to the unknown of our origins.

Key words: Gravity, Shelters, Damage, Fossil, Mirage

The photographic field is a playground, in which I build and deconstruct things, so things are distraught. 

 

 Text

- 究極の風景を見い出すこと

パリ第8大学で美学・芸術学の修士課程修了後、メラネシア(オーストラリア北東に連なる太平洋上の諸島)のバヌアツ、サロモン、ニューカレドニアへ赴く機会に恵まれ、現地の学校で写真を教える仕事に就きました。滞在中、多くの謎めいた風景に魅了され、その任期が終わる頃、パリへ戻り職業写真家としての仕事を持ちながら、並行して写真媒体に関する個人的な探求も続けていくことを決めました。写真に携わるうちに、次第に自分の写真についてのコンセプトが現れるようになり、それは、まず風景を自分の手で創り上げ、その後そのつかの間の風景をカメラで捉えるというものでした。木材、紙、粘土、鉄など身の回りにある安価な素材を自宅のテーブル上で組み立て、それらを寓意的風景として撮影するというものです。それぞれの構成要素が、創造的衝動のもとにイリュージョンを生み出し、人の理解を超えた崇高な風景を創造するのに寄与します。

「無限なるものへと向かうことが、私が夢見る到達不可能な探求なのです。」 

 - Finding The Ultimate Landscapes

After graduating a Master 2 at Paris 8 University in Art and Aesthetic, and working as a photograph assistant, Fred Atlan decided to leave Paris and experiment photograph into the wild. He sailed mainly in the Pacific Ocean until he got the opportunity of becoming school teacher at the Beaux Arts of Noumea. During his trip, he is fascinated by enigmatic landscapes. Back in Paris, his apartment becomes his workshop for his artistic researches, while pursuing a photographer career in fashion, advertising and institution. Over the years, his concept of photography emerges: creating then catching with the camera an invented and ephemeral nature. He builds his landscapes on his home table with cheap or recycled objects: wood, paper, clay or steel… Each ingredient takes part of the illusion under his impulse. The table becomes an operating field when Fred plays, induces, gives life and death. The result is “sublime landscapes beyond understanding”.

“To tend to infinity is my dreamed and impossible quest”.   

 

Frédéric Atlan

1966  Born in Toulon, France

          Lives and works in Paris, France